Boys Love Institute

ノンケ男がBL世界や雑談をだらだら綴るブログ

漫画「テンカウント」5巻を読んだ感想は『もう描く事なくない?』だった

たまたま外出打合せの帰りに立ち寄った駅ナカの書店で、いつものようにBL新刊パトロールをしていました。フラリフラリと棚を目で追っていると、なんと「テンカウント」5巻がズラリと並んでいるではないですか。そう云えば、僕は新刊リリースのニュースをあま…

マジョリカ マジョルカのコラボレーションが宇野亞喜良御大のイラストをフンダンに使っていて萌え転がった件

インターネットの存在そのものを有りがたいと感じる事はこれまで何度もありました。1995年以来インターネット上で色々の情報を得る機会が圧倒的に増えましたが、殆どがただ過ぎ行くもので、心に残る情報に触れるなんてことはそうそうあるものではありません。…

新作女性向けスマートフォン・ゲーム「囚われのパルマ」にCAPCOMの野心を見た!

この画面、観た事ありますか。なんのこっちゃ?と思われる方がまだ多いかもしれません? 8月の毎日を、今か今かとヤキモキしているのは僕だけではないハズです。でもまだ公開されていません!もう!このスッキリしない気持ちをバラまく為に、公開前に紹介し…

漫画「錆びた夜でも恋は囁く」を読んだ感想は『遂に流血系に到達したか』だった

どえええい!!!中村明日美子作品が続くんちゃうんかああいいい!!!と思ってくださった方、ありがとうございます。弱小底辺ブロガーの僕にはそんなお声がないので、ただ一人黙々と書くワケですが(ここ数カ月あんまり書いていませんでしたケド)、何度も…

漫画「あなたのためならどこまでも」を読んだ感想は『のんけであるが故の楽しみ方に気づいたかも』だった

中村明日美子すぇんせいの作品です。初版は2010年ですから、もう6年も前ですか。僕がBLなんて全く視界に捉えていなかった頃です。自分の視野の狭さに辟易する事この上なしって感じですが、最近は腐女子諸姉が安価でコンテンツを後続に回してくれるとても便利…

漫画「春風のエトランゼ」2巻を読んだ感想は『たべちゃうのかー』だった

発売日には購入していたものの、まとまった時間がなかなかとれず、細切れで読んでは戻り読んでは戻りしていました。お待ちかねの人気シリーズ新刊です。 と云っても賢明は読者諸姉はちゃんと連載を追いかけておられるんでしょうねー。僕は色々の都合で単行本…

2016年07月のBL界隈ニュース飛ばし読み10件

ええええ!?いつの間に7月って終わったの……ってくらい2016年の7月は記憶に残らない1カ月でした。映画観たりもしたし色々あったんでしょうけども、まあ仕事に神経振ってたんでしょう。いけませんね。さて、せめて7月を振り返ってみますよ。

Pokémon GO国内リリースで世間は沸く中、舞台「パタリロ!」の全キャストが発表されて震えた

魔夜峰央先生が「花とゆめ」誌上で「パタリロ!」の連載を開始したのは1978年ですから、もうすぐ40周年です。そしていまだ連載が続いている事も驚きです。40代の腐女子諸姉の皆さんにとっては、アニメ化された「パタリロ!」も馴染みがあるんじゃないでしょ…

Pokémon GOが大ヒットしていますけどポケモンCPってどれくらい需要あるの?

史上最大級のヒットを飛ばしているPokémon GO。皆さんもネットのニュースで既にご存知かと思います。こんなにもヒットするとは、誰も思っていなかったんじゃないでしょうか。今月末までに2億DLくらい行っちゃうんじゃないでしょうか。 「あーピカチュウね。…

2016年06月のBL界隈ニュース飛ばし読み10件

6月はたったの4エントリしか書いていませんでした。今見て愕然としました……。だめですねー、つい気を抜くと時間が簡単に過ぎ去っていってしまいます。今月はもうちょっと書こう……。明日美子先生の作品の感想をガンガン書こう……。では6月を振り返ってみましょ…

漫画「魔性のトロイメライ」を読んだ感想は『顔面が上手だね!』だった

先日、家族で近所のBookOffに行ったんですね。僕はいつも、BLコーナー直行でして、その時たまたま1歳10ヵ月の娘が手にとったのが本作です。なんの意図もなく手が触れただけなんですが、娘が選んでくれたと云う脳内補完を経て、購入が確定したわけです。

2016年夏クールに始まる新作TVアニメから(腐的)妄想が捗りそうなタイトルを抽出してみる

みなさん、アニメって結構見ます?僕はTVシリーズを観なくなって久しいですね。最後に観ていたのは、「蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-」でしょうかねえ。2013年の秋クールでした。 でこの夏から始まるアニメをぼんやり眺めていると、なんだか観てみた…

2016年05月のBL界隈ニュース飛ばし読み10件

皐月はたったの5エントリしか書いていませんでした。音楽関連の事を別ブログで書いてたので、相対的にこっちが減ってしまった格好です。とは云え、日々あれこれと考えたり読んだりはしているので、今月はもうちょっと書きたいなーと思います。さて5月はどん…

漫画「フーゾク店で彼氏ができるか?」を読んだ感想は『快楽に流されやすい人間は可愛い』だった

所謂ジャケ買い、タイトル買いと云うやつです。主には音楽コンテンツにおいて僕はジャケ買い癖があります。それなりに長年音楽好きでい続けているものですから一切の情報無しに音源を購入するケースは随分と減ったのですが、時々気まぐれに手を出してしまう…

漫画「雪の下のクオリア」を読んだ感想は『リアリティラインのコントロールが巧いわー』だった

紀伊カンナ先生の新作です。エトランゼシリーズでカンナ先生が大好きになったので、もちろん別の作品も追いかけますよ。あそういえば、明日美子先生の作品で感想書いてないのむっさあることを思い出しました。いやいや、今回はカンナ先生です。さてさて。

Boys Love Institute
written by つよ