Boys Love Institute

ノンケ男がBL世界や雑談をだらだら綴るブログ

腐男子とか腐兄とか良く判らないのでちょっと調べてみたら結構苦労もあるのだとか

BLに興味を持ってしまった僕は、これまで検索した事のない単語をググるようになりました。

 そもそもBLなる単語もテキトーに認識していたのですが少女漫画という枠組みの中でそれらしき作品を抵抗なく読んでいた事もあり、すんなり理解し入っていけました。作品そのものについては今のところ特に問題ない、のです。

腐男子と云う概念

周辺情報としてまず気になったのは「腐男子」と云う概念でした。一目で「腐女子」のバリエーションだと気付きますが、そもそも腐女子の定義が良く判っていないのでソコをまず確認します。どうやら元々は、ホモ要素や恋愛要素などを含まない原作を題材に、登場する好みのキャラクタ達を勝手にカップリングしたりホモ化させたりした妄想世界を二次創作する人々、を指す言葉だったんですね。

 飛影と蔵馬の件を思い出します。蔵飛なんて言葉があったっけ。

 今ではそう云った二次創作をする人々に限らずBL愛好家の女性をひっくるめて腐女子と云う名称でまとめる事も多いとか。ほうほうそうなんですね、へーへー。まあ言葉が作られた瞬間に意味していた範囲が、その言葉の認知拡大によって類似するその他の概念を取り込んでしまう事ってままありますよね。

 音楽のジャンルだったパンクやグランジがいつの間にかファッションの言葉になっていたような事も……、いやこれは違う例でしたかね。まつがいまつがい。

 いずれにせよそう云った腐女子の男性版が腐男子だとするなら、今の僕は腐男子予備校生と云ったところでしょうか。まだ腐男子を名乗るには色々を判っていなさ過ぎると思っているのです。そもそも、自分は結局腐男子にならない可能性もまだあるわけですから、なんとも曖昧な存在ですよね。

 今のところ、BLなるものに大いに興味がありそういったジャンルのコンテンツもどうやら楽しめそうであるには違いないのですが、本気で心の底から「この男の子キャラクタがきゃわゆい」と思う事が今後あるのかどうか。

 趣味や愛好癖の幅が広がる事を例外なく肯定したい派の僕としては、イケるもんなら遠慮なくイクぜ、と思っていますけどもね。 

腐男子達の気苦労

しかし、既に自らを腐男子or腐兄と称する人々の発言を拾うとなかなか苦労されているそうです。例えば書店でそう云ったBL関連書籍を購入する際に大変気まずいor恥ずかしい思いをするのだとか。

 これってつまり、ホモ疑惑の目で見られる事が辛いと云う意味ですよね。腐男子ノットイコールゲイ、は当たり前だと思っていたのですが世間的にはそう見られないんですね!へー!ちなみに僕はそう云う視線はまったく気になりません、たぶん。

 また同人誌即売会などでも、腐男子を装ったナンパ目的のノンケ疑惑をかけられ不本意な思いをするのだとか。これは本当に可哀想な気がします。でも実際にそう云う男が居たからそんな警戒心を抱かせてしまう事になったんでしょうね。

 と云うか、今年の6月にインテックス大阪に行ってしまいそうな僕としては、なかなか嫌な事実です……。

 などと現実の事にばかり目を向けていたら、なんと腐男子と云う概念は既にCP対象として取り扱われているんですね!オドロキ!どこまで腐女子の妄想力は広がるんでしょう。 

腐男子まんが道 -BLはカラダで学べ!?- (DARIAコミックス)

腐男子まんが道 -BLはカラダで学べ!?- (DARIAコミックス)

 

最後に

さて僕は、立派な腐男子or腐兄になれるんでしょうか。修行はまだ始まったばかりですぞ、デュフ。■■

Boys Love Institute
written by つよ