読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Boys Love Institute

ノンケ男がBL世界や雑談をだらだら綴るブログ

思わず声を出してしまった PlayReport vol.002

もおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!ぜんっっっっっっっっっっっっっぜん出ませんな、三日月爺様!此処まで出ないと、もう世間の全員が実は嘘を吐いていると云う妄想に取り憑かれて、ディスプレイを叩き割ってしまいそうになる毎日を過ごしておりました。あ、これは前にも書いたっけ。まあ出ません出ません出ません(3回)。

 とにかく試していたレシピは次の通り。

  • 550 660 760 550
  • 350 350 350 350
  • 350 510 350 350

ちいこいおっさんとのヤリトリは続く

このレシピ通りの素材を毎日毎日ちいこいおっさんに渋々渡しながら、祈る気持ちで鍛刀開始をクリック!嗚呼また01:30かよおおおおおぉぉぉ!ボケがあああああぁぁぁ!!の無限ループにはまり込んでいました。たまに03:00が表示された瞬間は、見間違いでは!?と瞬間最大期待をした後激しく落胆。もうね、正直イベントの虎徹お二人の回収なんて、ほぼポーズです、ポーズ。本当に欲しいのは三日月爺様なのおおおおおぉぉぉ!と云う心の叫びはいつになったら届くのか。

 時はとうらぶ初のイベントで盛り上がる3月末。二本の虎徹が如何に出ないかと云う事について攻略サイトの報告をチラ見しながら、3月31日もせっせとちいこいおっさんに素材を渡します。結局、本気を注ぎ込めなかったイベントは惨敗で虎徹は一本も出ず。そらそうですよね。そして三日月爺様も出ず。

 完全にふて寝です。

運営様からの贈り物

31日はサーバの不調があり、イベント終了のメンテナンス後にしばらくアクセス出来ない時間がありました。三日月疲れでささくれていた僕はメンテなんて全然平気です。明日またやるか、ふう、程度の事です。そして翌日ログインしてみると、運営チーム様よりのお詫び補填アイテムが届けられていました。なんと富士絵馬を3枚も!太っ腹!最高!大好き!そこで景気づけに僕は早速、ちいこいおっさんに頼んでみる事にしました。

 350 510 350 350 +富士絵馬

 すると。

f:id:BL-beginner:20150403134531p:plain

 っっっっっっっっっっっきいいいぃぃっっっっっっったああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!

待つ……?

 4時間だ!4時間だ!4時間だ!(3回)この光景を見たかった!小狐丸をお迎えした時の超ハイテンション時と、小狐丸を2度目にお迎えしてしまった超ガッカリ時以来の4時間です!すると突然、頭の中に声が聴こえます。

 二度ある事は……

 どぅえええええええぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇい!去れよ邪念!去れよ三度笠!!去れよサンドマン!!!去れよサンドリヨン!!!!

 この機会逃すまじ!ヒキの悪さは自信あるがこの4時間にかける!手伝い札はタンマリ余っている。使うか!いやまてぃ!!!そんな楽をして本当に欲しいものが手に入ると思っているのか!?そんなだから三日月爺様は今まで振り向かなかったんじゃないのか!?4時間かかると云うのならじっと待つのが筋ってもんじゃあないのか!?待ってやれよ。待って待って待ちくたびれた先にあるのはなんだ!?ミカちゃんの気怠そうな笑顔が迎えてくれるはずだ。な。4時間待とうや、なあ兄弟。

 もう三日月爺が欲し過ぎて脳内三文芝居が止められません。ともかく僕は待つことにしたのです、4時間。

 そして4時間後。

f:id:BL-beginner:20150403135510p:plain

 っっっっっっっっっっっきいいいぃぃっっっっっっったああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!

想い出話

HAI!みなさんこんにちは!ところでみなさんはゲームがお好きですか?僕は大好きです、ええ。子供の頃から家庭用ゲームもアーケードゲームもアナログゲームも、ブラウザゲームもPCゲームも馬鹿みたいにプレイしてきました、ええ。思えばいつ以来でしょうか。ゲームをプレイしていて歓喜のあまり思わず声を出してしまったのは。

 DQ3で夜のアレフガルドに降り立った時、いやいや。FF7でエアリスが死んだ時、いやいや。初めて自力でリオレウスを狩った時だったでしょうか。とにかく僕は年甲斐もなくサミー・ヘイガーばりに勝利のシャウトをかましてしまったのでした!!

最後に

もうテンション上がり過ぎてクタクタです。三日月爺様のおかげでイベントにはまったく集中出来なかったけどまあいいや。虎徹の二人は潔く諦めるとしよう。

 ん。

 イベント期間……、延長……、だと……!?!?

 待っておれよ虎徹うううぅぅぅぅぅぅ!!!!必ずや、かならz(ry ■■

Boys Love Institute
written by つよ