読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Boys Love Institute

ノンケ男がBL世界や雑談をだらだら綴るブログ

ショタ映画として観直してみたいオススメの3本 其の2 -ホラー編-

Cinema SHOTA

以前、3本の映画を紹介しました。ショタが可愛い映画として紹介したのですが、出来るだけメジャーな娯楽作品を選んでみました。誰でも知っている作品を、ショタを愛でる視線で観てみようぜ、って事で。

 さて、また3本の映画を紹介してみようと思いますが今回はちょっと怖い映画、という切り口で選んでみます。怖い映画にも可愛らしい男の子は結構出演しているんですよねー。これらもなかなか、と云うか物凄く有名な作品達ですが、少なくとも「ショタが可愛い」と云う売り方は一切していなかったものばかりです。

シャイニング/ダニー・ロイド

f:id:BL-beginner:20150513230344j:image

シャイニング [Blu-ray]

シャイニング [Blu-ray]

 

 ジャック・ニコルソンの怪演がインパクトありまくりの有名作品。難解な映画が多いと云われるスタンリー・キューブリックが監督し映像も異常に美しいしテクニカルな演出で見所たっぷりの本作ですが、息子役のダニー・ロイドくんの可愛さも特筆です。撮影当時6歳の彼は、シャイニングで映画デビューしたんだそうです。

 狂った顔の父親ジャック・ニコルソンに執拗に追い回されたり、気味の悪い双子女子にメンチ切られたり、指をピコピコさせながら「redrum!」を連呼する演技をさせられたりと、その後の人生に悪影響があったんじゃないかと心配になってしまいますが、作品自体はすこぶる良かったです。もし未見の方がいらっしゃるならこの機会に是非。

呪怨・呪怨2/尾関優哉

f:id:BL-beginner:20150516112113j:plain

呪怨 劇場版 デラックス版 (初回限定版) [DVD]

呪怨 劇場版 デラックス版 (初回限定版) [DVD]

 

 はい、呪怨です。現在でもシリーズ継続中の大ヒット・ホラー映画ですね。怖い映画が嫌いな人でもタイトルを聴いた事くらいはあるんじゃないでしょうか。このシリーズ元々はビデオシリーズとして企画され2タイトルがリリースされています。同時期にJホラーの人気に火が付き呼応する形で劇場作品化、これも2タイトル制作されました。その後はハリウッド版「THE JUON/THE GRUDGE」シリーズも3タイトル制作されたり、日本でも続編がどかどか作られています。日本映画のホラー映画でここまでコンテンツが拡大したタイトルって他にはないんじゃないでしょうか?「リング」シリーズを既に抜いてるのでは?と思っているんですが。

 その呪怨の1回目の劇場映画2タイトルで幽霊「俊雄」を演じたのが尾関優哉くんです。清水監督の冴え渡る演出と、全身白く塗ったメイクで「怖い幽霊」として登場するものの、ぷっくりした顔立ちやあどけない表情が可愛くて、一瞬怖さを忘れてしまうという副次的効果がありました。(と思っているのは僕だけでしょうか)セリフも殆どなく、自分の名前を云う、ニャーと云う、くらいですw。

 シリーズ中、何人かの男の子が幽霊「俊雄」を演じていますが、彼が一番可愛いなと思いますよ。

ミスト/ネイサン・ギャンブル

f:id:BL-beginner:20150516115128j:plain

 歴代「後味の悪い映画」の最高峰「ミスト」で子役ビリーを演じたネイサン・ギャンブルくんです。映画の内容は一切なにも知らずに見るべき作品なので触れませんが、悲惨で絶望的な状況の中、彼は可愛いです。そしてあの結末……。嗚呼、これも是非観ていただきたいですね。今回紹介した作品の中では、一番怖くはないかも、ただ後味が悪いだけで。

 彼はその後、大ヒット作「ダークナイト」でゲイリー・オールドマン演じるゴードン警部の子供として泣きじゃくる演技を見せてくれます。これも可愛いですな。彼、既に結構成長していてなかなかのイケメンです。が今回はショタ紹介なので掲載しませんw。

最後に

さて今回もショタ3人をご紹介しました。この記事、需要があるのか少々疑問に感じてきましたがまあいいでしょう。次回もまた違った切り口で可愛らしい男の子が出演している映画作品を紹介したいと思います。■■

Boys Love Institute
written by つよ