Boys Love Institute

ノンケ男がBL世界や雑談をだらだら綴るブログ

初体験!同人誌即売会イベント潜入レポ -刀剣乱舞オンリーイベント・百刀繚乱編-

2015年06月07日。遂にやって来てしまいました、この日が。なんの日か。百刀繚乱inインテックス大阪の日が!

 なんじゃいソレは、と云いたい方にご説明致しますと、DMM.comプラットフォームで絶賛運営中のブラウザゲーム「刀剣乱舞」のみを扱った同人誌の即売会イベント、です。オンリーイベントって云うんだそうですね。このイベントに参加して来ましたので、レポートしてみたいと思います。

敢えて単身参加

f:id:BL-beginner:20150610175706j:plain
photo credit: Alone via photopin (license)

 僕は、物心がついた頃から漫画やアニメ、模型、がそれなりに好きでした。OUT!、アニメージュ、アニメディア、NEW TYPE、ファンロード、ホビージャパン、模型情報、辺りを定期購読してる程度ですけど。

 そんな僕は、どう云う訳か今日の今日まで一度も、同人誌即売会に参加した事が無かったのです。理由らしい理由も無くただなんと無く行かなかっただけ、なんですよね。しかし、ずっと行きたかったんです、コミケとか。誘い合って一緒に行くような友人が居なかったってのが理由でしょうか。

 っちがっ……!友人がいなかったわけじゃないんだからね!もう!違うってば!

 そこで僕は、この際1人で行ってみる事にしました。初っ端からオンリーイベントにひとりで参戦です。本気で何も判っていないのが不安であり楽しみであり、立ち居振る舞いを見失ったいい歳の男がどうなってしまうのか、自分の事ながらほんのり残酷な好奇心に突き動かされての、単身参加を決行したのです。

いきなり判んない事だらけ

f:id:BL-beginner:20150610151832j:plain

 先ずは何時に行けばイイのか判りません。そんなの行きたい時に行けばイイじゃんと仰るなかれ、初めてっつーのは、そんなモンなんです。生まれて初めてライブハウスに1人で行く中学生のようなモノだと思って下さい。

 まあ、お昼くらいかなー……、13:30くらいでイイの?かな?とか。運営サイトを見てみると、11:00〜16:00と書いてあります。ふむ。じゃあ13:30くらいで行けば、まぁゆったりウロウロ出来そう?かな?そんな事を思い電車に乗ります。

 そして、誰に観察されている訳でもないのに内心の動揺をひた隠しながら、大阪地下鉄、ニュートラムを乗り継いで、やっとこさインテックス大阪に着きました。マジ遠いわ。びびるわ。やってられへんわ。

 って、ちがっ……!!強がってるわけじゃないんだからね!もう!違うってば!

 嗚呼ー、ここTT社の商談会で来た事あったなーなどと思い出しながら受付けに向かいます。受付けが何処に在るのかも調べて来てない僕ですが、何だか大きなコロコロ付きの旅行者用トランクみたいなのを引っ張ってるお姉様方が皆同じ方向に向かって行くじゃあーりませんか。

 え?この方向でいいの?と云う動揺をひた隠しながら微妙な距離を維持しつつ、ついていきました。あったあった、ただ折り畳みの長机を並べただけの、激烈質素な受付けが!へー。こんなもんなのかー。

 まぁ、LIVE会場の入り口も、こんな感じかな。入場に1000円、パンフレット付き。まあ、値段的にはこんなもんかな。しかし動揺していたために、位置口付近の写真などは全く撮影し忘れていました……。あーしまったなー。

写真撮影してみる……?

f:id:BL-beginner:20150610175531j:plain
photo credit: The only way to take photos in kimono via photopin (license)

 早速、売り場の雰囲気なんかを撮影しようと思ったら、スタッフの人に止められてしまいました。どっきーーーー!!!!!

 「あ!売り場の撮影はまずいですーーー!!!」

 知らなかった……。あかんのね売り場を撮影したら。なんで?まいっか、そう云う通例なのかな?郷に入ってはGO!GO!と申しますから、ゴネたりしませんよ。ごめんなさいごめんなさい。次回からは気をつけようっと。あーどきどきしたー。

 いきなり売り場の中心に入って行くのも躊躇われたので、平常を装いながら壁際を移動します。すると、模造刀の展示があるじゃないですか。これイイね!とうらぶのイベントって感じです。先ずはその模造刀を撮影してきました。

 へー、こんな感じなのかー、へー。でも模造刀のクオリティが高いのか低いのかも判断出来ない程度のニワカ審神者なので、大した感動もなく……。

 ま、記念記念!

 また、その場所でスタッフの方に聴いて判ったのですが、コスプレをしている方を撮影するには、コスプレイベントに参加しているという状態になる必要があるそうです。つまり500円かかるのです。なるほどね。早速500円を払い、撮影者用のパスシールを太ももに貼り付けました。
f:id:BL-beginner:20150610140510p:plain

 改めて会場を見渡してみます。広い!むっさ広い!今まで東京ゲームショウなどのイベントに潜り込んだ事はありましたが、基本的に企業ブースでしたから設営什器自体が豪華で背も高くかなりの迫力だったんですね。

 しかし同人誌即売会なるものは、基本的に長机のみ。遥か向こうまで長机のみ!壁際には幾つかバックドロップを掲げているブースも見えましたが、そこでさえ長机のみ!だからこんなにも広く感じるのか!?何この手作り感?!いや、もっとハッキリ云うと、貧乏感、?!いや、ちょっと違うか。そうか、判った!

 学祭感だ!

 大学学園祭の模擬店感だ。そう思えた瞬間からガツンとテンションがアガってきました。よーっし、お父さん大盛りにしちゃうぞー!的なアレね。

男性遭遇

人波の中をかきわけ
 壁づたいに歩けば
 すみからすみはいつくばり
 強く生きなきゃと思うんだ<

 「おっさんの地図」と云う唄を即興で作り(うそ)口ずさみながら視線を巡らせると、会場内で初の男性を発見!おおぉぉぉぉぉ!!!男も居た!!!しかも彼はコスプレをしています。子狐丸じゃん!この機会を逃すまじ!!!早速撮影させてもらえるか、緊張しながら声をかけてみました。

 返す刀で快諾!やった!優しいし!嬉しい!好き!

 撮影後、ちゃんとブログでの公開も許可をいただきました。その際に名刺をいただきまして、あとで検索してみたら、なんと腐男子のパイセンじゃないですか!うおおおおお!!!早速フォローさせていただきましたよ!感謝!

f:id:BL-beginner:20150610151903j:plain 

そこら中に刀剣男士

さてこの事で気をよくした僕は、色々のコスプレイヤーさん達に声をかけて写真を撮らせていただきました。皆さん、快く撮影させてくれましたよ。嬉しいなーこんなおっさんに声かけられても、笑顔で撮影させてくれるしポーズとってくれるし公開も許可してくれるし、やさしーわー。

 別に普通の事なのかもしれませんが、たった一人で潜入している「生まれたてのガクガク小鹿状態」の僕には、皆さん大天使メタトロンのように見えましたよ!皆様ありがとうございました!カラーコンタクトに慣れていない僕は、彼等と会話する度にビビっていた事は内緒です。

 以下、許可をいただいた方々の写真。(重たくなりすぎるので全部ではないんですけど)せっかくここまでコスプレしているのだから、和風の背景があったら良かったんですけどねえ。

f:id:BL-beginner:20150610151956j:plain
f:id:BL-beginner:20150610152801j:plainf:id:BL-beginner:20150610152812j:plain
f:id:BL-beginner:20150610152851j:plainf:id:BL-beginner:20150610152903j:plain
f:id:BL-beginner:20150610152919j:plainf:id:BL-beginner:20150610153104j:plain
f:id:BL-beginner:20150610153122j:plainf:id:BL-beginner:20150610153133j:plain

同人誌→買う

そうこうしている内にあっという間に1時間程が経ちました。一瞬です、もう一瞬。そして、後片付けを始める人達がちらほら。え!?どういうこと!?16:00までじゃないの!?あそうか!午前中から売ってるし、売り切れた人達が混雑をさけるために早めに帰ろうとしているのか!?

 確かによく観るともう店じまいしているブースが結構あります。ヤバイ。今日は撮影も目的の一つだったけど、まだ一冊も同人誌を手に入れていない……。

 急いで会場を一周します。もうこうなったら、じっくり吟味する事は諦めて、直感で選ぶことにしました。

 「あ、いいな、と思ったら買う作戦」です。

 その結果3冊makironさんの作品を確保しました。2冊がR18、1冊がほのぼの系。お値段も財布に優しい価格帯でした。わーい。しかしイベントに来て、3冊しか買わないってのはどうなんでしょうね。

 ふう、危ない危ない。危うく1冊も買う事なく帰るところだったぜ。僕は本来の目的を達成し、撮影も堪能させていただきましたので、帰ることにしました。帰りの電車ではなんだかぼーっとしてしまいました。

 初体験の連続で無駄な緊張をしていたのでしょうか、全身が猛烈に疲れたんですね。面白かったなー。いやー、こう云う文化だったんだなー。

最後に

遅咲きのデビューですが、僕は同人誌即売会に無事潜入を完了しました。選んだテーマが刀剣乱舞だったので9割以上が女性しか居ないイベントでしたが、おかしな眼で見られる事もなく(たぶん)、コスプレイヤーの方々も明るく親切でとても楽しかったです。

 また今後、このようなイベントがある際は参加してみたいなと思います。次回は、もうちょっとこなれた立ち居振る舞いが出来るといいなー。■■

関連記事
Boys Love Institute
written by つよ