読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Boys Love Institute

ノンケ男がBL世界や雑談をだらだら綴るブログ

本日「カクヨム」が正式サービスインしましたよ

ご存じでしたか、本日kadokawaが運営する小説投稿サイト「カクヨム」がサービスインされました。僕は以前から注目していまして、先行サービスの登録をしていたのです。このサイトどう云ったものなんでしょうか。

面白い小説を見つけて、いち早く評価しよう!

 サイトにアクセスすると、この見出しが目に飛び込んで来ます。ザックリ云うと、pixivの小説版ですね。判りやすい。これまでもこういったサービスは存在していました。

 ご存じ「小説家になろう」です。2004年に個人運営のサイトとしてスタートし、2010年に法人化した、投稿サイトの老舗です。

 このサイトは既に、月間約9億5000万PV、ユニークユーザー数は約400万人、登録者数が55万人を突破している巨人です。「なろう系」なんて言葉もこのサイトの登場によって作られたりと、創作界隈ではしっかり存在感をアピールしています。

 そんな小説投稿サービス界に、別の巨人が乱入したとしたら?

 その巨人とは、かのkadokawaです。そして共同開発してきたのが誰あろう「はてな」なのです。

カテゴリ

パッと目につく主要なカテゴリは以下のとおり。これはサイトの左上から順ですが、すなわち想定潜在ユーザ数の順位に等しいのでしょうかね。

  • ファンタジー
  • SF
  • ホラー
  • 現代ドラマ
  • 現代アクション
  • 恋愛・ラブコメ
  • ミステリー

 もちろん注目は「恋愛・ラブコメ」です。念のため各カテゴリで「ボーイズ」検索すると既に9件の投稿が確認出来ました。知人も、先行サービス開始時から、今日のこの日をターゲットにして執筆していましたよ。

f:id:BL-beginner:20160229201319p:plain

 コレは読むしか!

最後に

この界隈、しばらくは盛り上がるのかなー。すぐれた才能にとって、発表の場が増える事はイイ事ですね。素晴らしいBL小説に出逢える事を期待しつつ。■■

この素晴らしい世界に祝福を!  第1巻 [Blu-ray]

この素晴らしい世界に祝福を! 第1巻 [Blu-ray]

 
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 文庫 1-9巻セット (GA文庫)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 文庫 1-9巻セット (GA文庫)

 
Boys Love Institute
written by つよ