Boys Love Institute

ノンケ男がBL世界や雑談をだらだら綴るブログ

「楽園祭2017トークショー沙村広明先生 中村明日美子先生」に参戦して来たよ!夢のような120分に感動しまくりで笑いまくりだった感想

f:id:BL-beginner:20170415183936j:image

人生とは曲解するなら「時間」です。人生をどう過ごすのかと云う課題は、等しく数多の人々に与えられた無理問答のようであり、それはつまり時間を何に対して消費するのかと云う話題。

 お前突然何を語り始めたんだ。

 まあまあ、聴いてやっておくんなさいな。

 僕は比較的後悔をしない人類です。それは自分の決断に大抵の場合納得していて仮に結果が悪くても然程落胆しないと云う性格なのと、傷付く事を恐れるあまり自分の感情的感覚を無意識の内にボヤかして自己防衛している、と云うまーまーメンドイ系中年です。

 そんな僕が、お嫁ちゃんの後押しによって沙村広明先生、中村明日美子先生、のトークショーに参戦する事になったのは、数日前。当選メールを受信して飛び跳ねました。

 この数日間を、期待し過ぎる事を避けるように仕事だけに意識を集中させて過ごして来ました。相変わらず自己防衛をしてしまう僕です。

 人生の貴重な時間の価値は、歳を重ねる程によりクッキリと自覚され、どんどん高騰していきます。

 僕は、片道4.5時間の旅を日帰りで実行して来ました。お金も時間もそれなりに使ったわけですが、こんなにエキサイティングな時間を過ごしたのは数年前に京都で参戦したマキシマム ザ ホルモンのライブ以来かもしれません。あちょっと比較を間違えたかも。

 全くもって割の良過ぎるコストパフォーマンスだと云えます。いや、大好きな漫画家先生のお話をライブで聴く事のコストパフォーマンスを語るなんて無粋ですね。これまで一度もお声を拝聴した事はなく、お姿を拝見した事もありませんでしたから、もう楽しみで楽しみで、気持ち悪くなってしまう程にテンションは上がりきってしまっていました。

前日の夜宴

気持ち悪くなってしまっていた理由は、実は別にもありました。

 前日の夜僕は、とある協力会社の役員さんと担当者さん、更に自分の会社の社長と僕の4人で大阪北新地にて食事を御一緒していたのです。

 定時であっさり会社を後にして、社長と僕は大阪最大の歓楽街に向かいます。業界の話を、それぞれの会社の視野、角度で大いに語り合い、気がつけば21時半を過ぎていました。

 ここで、ノンアルコール主義の社長はさっさと帰路につきます。彼は彼で「翌朝午前4時からの海釣り」と云う、ハードスケジュールが待っていたからです。とは云え好きでヤる事ですから、 それはそれで楽しいのでしょうね。

 僕は、協力会社さんの役員さん、担当者さんと3人で二軒目に向かいます。さっきの音楽話の続きでもしましょっか、軽くね、みてーな感じ。まあ、そこから2時間飲んでもギリギリ終電イケるな、なんて事を思っておりました。

 が。

 なんやかんやあって、4軒目まで飲んで周り、気がつけば午前6時です。やってもーた。このコンディションで東京なんて行けるのか。それから動き始めた地下鉄に乗って帰ったんでしょうが、何にも覚えちゃいません。

 そこからシャワーを浴びて頭痛が酷い頭をなんとか持ち上げて新幹線に飛び乗った。ような気がします。

 気がつけば僕は、アニメイト新宿店の入り口前に立っていたのです。マジで殆ど記憶もなく、新宿店の入り口前に立っていたのです。

アニメイト新宿店

お嫁ちゃんから送られて来た、新宿駅からアニメイト新宿店への道のり情報を頼りに歩いた、んでしょう。あっさり迷う事なく到着してしまったのです。

 外観の写真でも撮ろうかなー、なんて思ったのですが、先ずは店内やイベント会場を確認しようと云う気分になり、店内進入です。

 この時点でかなりテンパっていたように思います。結局店舗外観の写真はすっかり撮り忘れて帰って来てしまいました。

 チケットメールをよく見ると会場は地下二階と書いてあります。

 階段で地下一階へ向かうと、ここはコミックスのフロアなのね、ふーんふーん。とここでも店舗内写真を撮り忘れてしまうのです。

 緊張してたのね。

 この歳になると大抵の事では緊張なんてしない(出来ない)のですが、僕は生まれて初めてアニメイトを訪れた時のように、完全に浮き足立ってしまっていました。

 ふと目をやると地下二階への階段は封鎖されており、そこから10人くらい並んでいる人々が。って、開場までまだ30分以上あるのに。焦っちゃだめジャーン。と思いながら並ばずにはいられない金髪中年男性の僕です。

 暫くすると店員さんが声を張り上げて、入場は番号順で順次入れたるから開場まで並ばんといて的な事をおっしゃっていました。

 あそうなのね。

 番号なんてあったかなとチケットメールを見返します。

【アニメイトからのご案内】イベント当選のお知らせ

管理番号:rakuen-00000006
お名前: ※※ ※ 様
アニメイトカード会員コード:*************

 ……。

 00000006。て事は6番目て事よな。6番目って結構早くね?結構前行けるんじゃね?いやいや、期待してはいかんいかん色々のブロック別けとかあるかもしれんしな、でもいい場所だったらいいな。

 そんな事をモヤモヤ考えながら30分以上の時間をどう潰したものか迷っていたのですが、結果ただ当て所なく地下一階のコミックスフロアをフラつく二日酔い中年男性の僕です。

14:00開場

f:id:BL-beginner:20170415225547j:image遂に時間だ。店員さんの声が響きます。

 「1番から10番の方、お入りください〜」

 え?行っていいの?僕00000006番なんスけどこれって1番から10番の方に含まれるの?え?え?

何をそこまで狼狽える必要があったのでしょうか。声にならない疑問を脳内に噴出させながら、なんとなく人の流れに乗っかって地下二階におりますよ。

 そして案内された僕の席は。

f:id:BL-beginner:20170415225632j:image

 最前ドセン頂きました!

 やたー!!1番だったら会場の端っこで沙村先生から遠くなっていたのです。が僕は00000006番です。最前列の真ん中です!

 恐ろしい事に、もう僕が座っている2mくらい先に中村明日美子先生の椅子が置かれているじゃありませんか。

 近い。近過ぎるよ。

 超嬉しい反面、緊張度合いは一気に跳ね上がりました。明日美子先生がほぼ至近距離でお話になる……。あ。沙村先生もね。

 最前列て事は完全に客入りが終わるまで結構時間がかかるだろうな、と思っていると、イベントの記念品として描き下ろしイラストが配布されます。

f:id:BL-beginner:20170415225236j:image

 スゲー!並べるとこんなに違和感あるとはね!沙村先生の絵はいつもよりも濃く見えるし、明日美子先生の絵はいつもよりも薄く見える。

 そんな事をモヤモヤ考えながら30分はあっという間に過ぎ、遂にお二人が登場です。

120分のビックボリュームトークショー

お二人登場後は撮影NGとの事。いいよいいよ全然いいよ。

 刮目すればいいのだから。

 お二人のお顔とお声をしっかり記憶に刻印するつもりだった僕は鼻息を荒げそうになるのを我慢して、万感の想いでお二人を拍手で迎えます。

 あ、会場にいらっしゃった皆様、最前列の大柄金髪野郎のせいで壇上が見えにくいなんて事はなかったと思いますが、目にはうるさかったかもしれませんね。

 大変失礼しました。

 いえね。なにせ00000006番だったものですから。最前ドセンいっちゃうもんなー仕方ないわなー。

 最初は目の前の明日美子先生のお顔を直視出来ず、沙村先生のお顔を凝視しておりました。

 あかん。

 思ってたより遥かに美しい女性やった。

 いえね。

 明日美子先生のお顔を想像など出来ていなかったんですよ。お描きになる絵や細く柔らかな書き文字から、とても丁寧な作業をされる方だとは思っていたので、身なりもシンプルで清潔感のある感じかなーくらいは想像しておりましたが、予想の遥かに上空をカットンデおられました。

 黒髪、肩にかからないくらいのストレートボブ。白いゆったりとした柔らかなお召し物を着ていらっしゃいました。

 多分女優の吉高由里子さんは、明日美子先生に似てるね、って云われている事でしょうね。残念ながら明日美子先生には敵わないケドね。まーしゃーないよねー。

 一方沙村先生は、明らかにコミュ障風の挙動で、超安心出来ました。

 明日美子先生を見てドキドキした気持ちを、沙村先生で落ち着ける。そんな120分だった、とも云えます。

 アンガールズの2人を足して2で割って、男前レベルを+20すると、沙村先生になります。ヌボー感、コミュ障感、喋るの不得意感。でも笑わせてくださるサービス精神が溢れていて、作品も合わせてより沙村先生が好きになりましたね。

サービス精神旺盛なお二人

とにかく楽しませて頂きました。ただただアンケートで書かれた質問に答えていくだけのイベントなので、ともすればボソボソした会話のみの地味な空間になりがちなところを、お二人がお客さんを楽しませようとしておられるのがビシビシ伝わって来て、僕は終始嬉しくてニヤニヤし続けておりました。

 明日美子先生は、とても正しい日本語をお使いで、とても好感を持ちましたね。ちゃんと「ちょうふく」とおっしゃるような人類を僕は大好きなのです。

印象に残ったお話

さて、お二人の発言で特に覚えている事を書き残しておこうと思います。時系列、言葉のニュアンスは違っている可能性がありますがご容赦くださいね。

 沙村先生

 「無限の住人」実写映画は、もう絶対に原作と同じにならないから任せちゃってる。キャラクタの解釈なんかはやっぱり微妙に原作とは違う。ただ、2時間の作品にするんなら、あの方がいいなと思った。

 

 試写観て、このセリフ恥ずかしーとかダセーって思ったら全部原作通りのセリフだった。20代前半の頃に描いたものだから、もう色んなところを変えたくなる。

 

 結婚したので、もう女を追いかけないでいいなと思った。嫁さんも同じ事を云っていた。

 

 ツリ目の薄幸そうな細身のキャラクタが好きですね。

 

 デビューして3年目くらいの時に、大学漫研の後輩に語る機会があって、編集担当者の云う事は50パーセントくらいは聴いておいた方がいいよって云ったけど、20年以上たった今では全面的に編集担当者の話を聴けって思います。

 

 眠い時に仕事してもイイコトがない。どうでもいい点や線をたくさん描いていて気がつくとそれを修正してるだけだったりする。ヒロインの髪に間違ったベタ塗ってたりする。

 

 作品の舞台にする場所には一度行っておかないと嘘書いちゃうから良くないなと思う。北海道とか行くと道の幅が全然違ったりするし。

 

 入れ墨入れるんなら、頭のテッペンに何か入れたいな。好きなものかあ。ああ。トンカツの絵とかいいですね。

 

 明日美子先生に逢う前は、耽美系の絵を描くメンヘラっぽい人かなと思ってたけど、メンヘラじゃなかった。

 

明日美子先生

 漫画家目指すんだったら、仕事にならなくても好きで描いてしまうくらいになってないと難しいんじゃないかな。私はそんな感じだった。仕事にならなくても描いてたと思う。

 

 筍ご飯作りましたよ。アク抜きに牛乳で茹でるとイイって聞いたからやってみたんだけど、鍋洗うのが大変だった。

 

 次はこんな作品が描きたいなどと云うと直ぐに出版社に伝わって、こんなの描きたいんでしょとか云われる。他人から云われると描きたくなくなるから、そう云う事には答えない事にしている。

 

 今日はどれだけ笑いが取れるかだけを考えて来ました。

 

 沙村先生と初めてお逢いした時は、抜群の画力を持った本物の変態が来たって感じだった。喋る言葉が不明瞭だなと思いましたw

 

 男性の仕草だと、猫背の感じとか好きですね。あと後頭部の丸みが美しいと嬉しいですね。

 

 最近はゲームはやらずに見る事が多くなった。ダークソウル3とか見てる。あーもうボスかーとか思っちゃう。

 

 入れ墨入れるんなら、うなじに本名入れたいな。明朝体で。

 

 今日のトークショーは沙村先生の声がちゃんと皆さんに伝わったのか心配ですw

 

最後に

本当に夢のような120分でした。あっという間に過ぎ去った幸せな時間。お二人の作品はこれからも総て追いかけて行くつもりです。

 沙村先生、明日美子先生、お疲れ様でした。

 とても楽しかったです。

 またこんなイベント是非やってくださいね。大阪から駆け付けますから。◼️◼️

幻想ギネコクラシー 2

幻想ギネコクラシー 2

 
幻想ギネコクラシー 1

幻想ギネコクラシー 1

 
萌え男子がたり

萌え男子がたり

  • 作者: 中村明日美子,阿仁谷ユイジ,樹要,えすとえむ,松本ミーコハウス,ヨネダコウ,夏水りつ,藤本ハルキ,まんだ林檎,南国ばなな
  • 出版社/メーカー: ブックマン社
  • 発売日: 2009/10/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 8人 クリック: 57回
  • この商品を含むブログ (10件) を見る
 
おはよう楽園くん(仮)

おはよう楽園くん(仮)

 
Boys Love Institute
written by つよ