読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Boys Love Institute

ノンケ男がBL世界や雑談をだらだら綴るブログ

初出社直前!新社会人に贈る「1年目はこう生きろ」

いよいよ世間では、新入社員が溢れかえる4月です。毎年フレッシュな空気を撒き散らす風物詩として多くの古参社会人にウザがられています。しかし彼等とて敢えてフレッシュな空気をまき散らかしているワケでもないのでしょう。5月の連休が明けた頃には殆ど感じられないほどに薄まるものです。

 さて。

 そんな新社会人の諸君に、おっさんらしく面倒くさい訓示を述べてみたくなったので、今回はそんなエントリを投下してみようと思います。社会人経験20数年の僕が、新社会人を見る度に感じていた事をまとめたものになるでしょう。ではドウゾ。

01.わざわざ新人ぶるなよ!

自分が新人でまだ何にも出来ない存在だと云いたくなる気持ちはよーくわかります。事実そうでしょうし。でも、これは挨拶の時に軽く云う程度で充分です。周りの社会人の殆どは、あなたの気が付いていない色々で、ド新人である事がバレバレですので。

 それを、わざわざ予防線を張るような事をして「やる気がない」と誤解されても面白くないですからね!

02.本を読んで勉強しろ!

社会人になると学生の時と違って「勉学に励む」と云う行為が主軸ではなくなった、ように感じるかもしれませんがソレは大きな間違いです愚かです。新しく就職したその業界の事を凄まじいスピードでインプットしていく必要があるので、むしろ人生の中で一番勉強を必要とする時かもしれません。

 先輩や上司、取引先での会話などから学ぶ事はもちろん大きいのですが、正直ソレでは全く足りません。業界専門誌、ビジネス書など、座学をするつもりで読書してください。コレをやる人とやらない人とでは、具体的に明確にクッキリと差がでますよ!

03.考え方は謙虚に 行動は大胆にな!

大規模な企業に就職出来たとしても驕り高ぶってる場合ではありません。あなたはまだ何にも結果を出していないのですから。そして、新人の頃に出せる結果などたかが知れています。ですから、考え方は謙虚な姿勢で、学び、盗み、成長する事を念頭に置いてください。

 ただし行動については、謙虚なんて云ってては結果がついてきません。他人を蹴落とせとは云いませんが、自分なりに一歩踏み込んで大胆に行動してください。そう云う新人には、情報も信頼も集まってきますから!

04.イキナリ休んだりすんなよ!

コレも割と多いのです。理由は色々なのでしょう。頑張り過ぎて体調を崩す人もいるでしょう。とにかく誰しも完全な体調管理など出来ない事は当たり前です。だからこそ、入社直後の大事な時期はなんとしても休まないように細心の注意を払ってください。

 休みがちな社員に任せられる仕事は、おのずと重要性の低いものになってきます。そしてそれは後々給与へ具体的に明確にクッキリと反映されます。

 また入社からしばらくは会社組織的にもイレギュラーが起こりやすいので、棚ボタのレアケースに遭遇する事だってあります。そう云う場面を逃すのはとてつもなくもったいない事なので万全の体調で労働してくださいね!

05.一日も早くプロになれよ!

最後に、一番大事な事です。どんな会社、職種にせよ、あなたは組織に属して給与をもらう立場になったのですから、新人とは云え「業界人」になったわけです。業界人は、その業界の事を業界以外の人よりも確実によく知っているでしょう。しかしあなたはまだぺーぺーの新人。

 一日も早く業界の事をよく知り、良いところにも良くないところにも目を向け、その業界のプロフェッショナルとして胸を張れる存在になってください。自分はこの業界で働きカネを稼いでいるのだ!とね。

最後に

意識高い系の大学生プログなんかを漁れば、こんなエントリよりももっと為になる事がザクザク見つかるかと思います。でもまあ、中の人から云いたい事としてはこんな事だよ、と云うモノのもそれなりに価値があるかと思いますので、よろしければご参考になさってくださいね。

 さあ、明日に向けて今日は早く寝てくださいよ!■■

入社1年目の教科書

入社1年目の教科書

 
できる新入社員になる!―「あいつになら任せられる」と言わせる84の心得 (Life & business series)

できる新入社員になる!―「あいつになら任せられる」と言わせる84の心得 (Life & business series)

 
Boys Love Institute
written by つよ