読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Boys Love Institute

ノンケ男がBL世界や雑談をだらだら綴るブログ

2016年04月のBL界隈ニュース飛ばし読み10件

Essay News

世間にフレッシュマンが溢れかえり、若さで都市部の気温が上昇しているんじゃないかと思えるような4月が終わりました。そこらじゅうで新人歓迎の宴が開かれていた事でしょう。新たなBLファンが接触感染している事を期待しつつ(謎)4月のBL界隈ニュースを好き勝手に拾い読みしてみようと思いますよ。

『刀剣乱舞』大和守安定の1/8スケールフィギュア予約開始! 紹介ニコ生も放送

フィギュア展開も進んでいますねー、とうらぶ。僕はねんどろいどにちょっと手を出したくらいですから、まだまだです。期待していた三日月のフィギュアは出来栄えに満足できなかったのでスルーしましたし。まあ静観はし続けようと思っています。

男が「引く」女子の趣味コレクション 1位はBL

だそうですよw。超くだらない記事なので反応するのもアレかなーと思いますが、女性がBLコンテンツを自由に楽しむにはまだまだ偏見が大きいんだなーと思いました。男側の古い因習が関連していそうです。

腐男子高校生活:BL大好きな男子高校生のコメディーが7月テレビアニメ化 主役声優は羽多野渉

これは期待が膨らみますね!例によって声優さんの名前は全然分かりませんけども!しかし、BL好きの男子高校生が主人公のアニメが制作されTVアニメとして放映されるなんて、時代は進みましたねー。ありがたやありがたや。

紀伊カンナが実生活での猫との日々描くショート、月刊ねこだのみに掲載

BL作品も発表されている紀伊カンナ先生の作品です。カンナ先生の絵やストーリーテリングの腕前に惚れこんでいますので、これは是非読んでおきたいところですな!まだ未読デスケド!

刀剣乱舞6-4ボスマスのBGMを邦楽器だけで演奏、更に殺陣を行った動画がかっこ良い

いっすね、こういう二次創作!正直、和楽器の腕前については何の知識も持ち合わせていないので、上手なのか普通なのか分かりませんが、雰囲気がいい事は伝わります!殺陣もなかなか頑張っていますよ。何かの形でとうらぶの二次創作は参加してみたいですよねえ、いずれ。

ミュージカル『刀剣乱舞』大千秋楽公演が香港・台湾でもライブビューイング決定!

いよいよ6月に千秋楽だそうです。なんだかあっという間ですね。興業成績はきっと良かったでしょうから、今後も続いていきそうですね。いずれ観たいと思っていますが、チケットとれないんでしょうねえ……。男性客の含有率ってどれくらいなんでしょう?

BANANA FISH、トーマの心臓…on BLUEで15名の作家が「はじめてのBL」語る

これは見て即買いです。「春風のエトランゼ」も連載されているので、つい先読みしてしまいましたが。その他知らなかった作家さんの作品を読む事が出来たので、サンプラーとしてアリでしたね、僕としては。

舞台「刀剣乱舞」のアーカイブ配信&BD/DVD化が決定!グッズの通販も

とうらぶネタが続きます。正直、欲しいんですよねーコレ。舞台の迫力を完全に体験する事は無理にしても、どういう演出が成されていたのかは、大いに気になるトコロです。

電子BL雑誌・BOYS FAN、創刊号の表紙は野々宮ちよ子

こういう雑誌が創刊されたそうです。最近はもう電子書籍なんですね。コンセプトがライトユーザ向けとの事ですので、僕には向いているかもしれませんねー。

BOYS FANは「満たされる独占欲」をコンセプトに、ボーイズラブをあまり読んだことがないライトユーザーから、長年のBLファンまでをターゲットにするという。

中村明日美子、アニメ「同級生」ができるまでの軌跡を8ページで描き下ろし

もー。こう云う広告記事はヤめて!買っちゃうじゃん!中村明日美子先生にはどこまでもついていくいこうと思いますので買うしか!

最後に

比較的刀剣乱舞に偏ったニュースになってしまいましたかね?あ、いつもそう?ちょっと違ったアンテナも張り出してみようかなぁなんて思っています。さて5月は何があるのかなーっと。■■

刀剣乱舞-ONLINE- 大和守安定 1/8スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

刀剣乱舞-ONLINE- 大和守安定 1/8スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

 
onBLUE vol.22 (onBLUEコミックス)

onBLUE vol.22 (onBLUEコミックス)

  • 作者: 紀伊カンナ,松本ミーコハウス,紗久楽さわ,ためこう,黒娜さかき,のばらあいこ,京山あつき,彩景でりこ,秀良子,ハヤカワノジコ,たなと,ダヨオ,新井煮干し子
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2016/04/25
  • メディア: コミック
  • この商品を含むブログを見る
 
Boys Love Institute
written by つよ