Boys Love Institute

ノンケ男がBL世界や雑談をだらだら綴るブログ

引っ越しをすると自分の価値観を再確認出来た話

この連休で引越しをしました。僕の持ち物の多くは生活の必須アイテムではなく、無くても死なないし困らないものばっかりです。衣類は人並みに持っているしそれなりの生活用品や家電も持っていますが、それ以外の物が多過ぎて比率としては微々たるものです。もちろん、家族のものはそうではありません。なんとも困った家長なのです。てへ。

自らの価値観に従順であれ

CD、DVD、書籍、TOY、の物量に改めて驚きました。ウンザリしたと云うのがより正しい表現です。それぞれの価値は自分の中で確立しているので捨ててしまえるものとそうでないものはハッキリしています。まあ殆どが捨ててしまえないモノなので、これ程までに捨てられないものを抱えてしまっている自分の貪欲さにウンザリしたわけです。

 約30個の箱が積み上がりましたが、約8.5割がそういった僕の物欲の結果です(殆どお嫁ちゃんが詰めてくれたのですけど!)。自分の価値観に従った結果とも云えるので後悔はしていませんが、改めて目の当たりにするとちょっとヒきました。これを豊かさと表現していいものか迷います。こんな事を感じるなんて、自分は年をとったのかただ単に心の張りがなくなっているだけなのか?たぶん物凄く疲れたので気持ちがヘナっているだけだと思う事にしました。

 情報と物に埋もれて死にたいとは常々云っている事でして、僕は停滞しない空気や環境をいつも欲しているタイプです。そう云う意味で自分はまだまだ子供だなと思う事しきりです。

 ただ願わくば「これは自分に必要だと思えるものを手に入れたい欲求」を満たす事が出来るような生活を送りたいものです。

 欲しいものは必ずしも高価なものではないのですよ、むしろチャッスいものを欲しがる事が多いのです。チャッスい、大好きなものに埋もれて死にたいのです。またいずれ、しょうもないものをこのブログでも紹介していこうと思います。

最後に

f:id:BL-beginner:20160215125007j:plain 当面は、今回の荷造りで発見された「大量の読了していない書籍」を読み漁る事になりそうです。良い本買ってるな〜と自分に感心しましたが、読んで無いのだから全然ダメです。

 むしろ良い本を選ぶ事は出来た上で読んでいないのだからマイナスです。

 勉強が最近足りていないと思っていたので丁度良い。ちょっとだけ賢くなろうと思いました。と云うわけで、今積み上げられている数々の段ボール箱は僕が賢くなる為に必要な物たちです。欲求や叡智が視覚化され物質化しているのだからこんなに判り易い事は無いなと思うわけです。■■

Boys Love Institute
written by つよ