読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Boys Love Institute

ノンケ男がBL世界や雑談をだらだら綴るブログ

ヤった事がない記事の書き方をしてみますvol.001 -お題スロットをつかってみた-

Essay Blog Challenge

お題「2015年 わたしの一大ニュース」

ブログチャレンジなるリンクがある事を知ったので乗っかってみようかと思います。これまでは、BL教習所を立ち上げた目的である、BL理解を深める事に重きを置いてきましたので、あまりBLに関係のない事は避けがちだったんですね(時々無関係な事も書きましたが)。

 しかし2016年は、色々と遊んでみたいなと思っています。その一環がコレですね。深く考えずに行ってみましょう!

2015年 わたしの一大ニュース

コレはもう、なんと云っても転職した事です。こう見えて(見えてない)会社役員を12年務めていたんですね。その前はフリーランスのデザイナだったのですが、突然会社設立の創業メンバーになったので肩書が一気に物々しい響きになりました。

 基本的にはコンシューマゲーム機専用のゲームソフトを開発する会社でしたが、なかなか仕事が受注出来ない時は、ゲーム以外の仕事も躊躇なくこなしていましたね。

 例えば、カードゲーム(実物)のイラスト作画だとか、ソーシャルゲームのかいはつだとか、名刺デザインだとか、webデザインだとか、店舗デザインだとか、大学の研究チーム向けプレゼン用DVD-ROMだとか、大学のマスコットキャラのデザインだとか、その他色々です。

 それなりに苦しいながらも楽しくない仕事はなく、なかなか充実した勉強させてもらえた12年間でした。

会社解散へ

まあ、どの会社でもよくわる話ですが、会社の運転資金がショートし始めたんですね。開発業と云うのは原価の殆どが人件費そのものですから、資金ショートすれば即死に近い打撃を受けないとも限りません。

 だから色々の手段で転ばぬ先の杖を用意するわけですが、それらの杖がポキンと簡単に折れる事もあったりします。そしてそれがたまたま続いたりもします。

 様々な経緯を経て、2015年8月に解散を決定しました。

 僕自身は2015年の2月から体調を壊していたので、半年くらいは仕事をしてなかったんですけどね。おかげでこのブログが立ち上がったわけですけど。

助け船に拾ってもらえた

そうして体調をあまり芳しくない中、解散が決定するとなんだか体調がみるみるよくなっていきました。まあつまり、ストレス性の疾病だったんですね。そして、じゃあ次は何処で何して働こうかなーと考えていたところ、とある会社の社長様から連絡がありました。

 「次決まってないんなら、ウチの会社を大きくするの手伝ってくんない?」

 この社長様は、ちょうど12年前に会社設立した直後、初めて企業間取引でコチラから発注した会社で、当時役員だった人物です。数年は共に受託案件を回していた関係だったのですが、あるタイミングから会社の方向性が違う事が理由で、対会社としてはお付き合いがなくなってしまっていたのです。

 しかし、一緒になってゲーム開発を乗り越えた戦友でもありますから、仕事上の関係がなくなっても、メールのやり取りや食事をご一緒するなどして、業界情報交換などをしていたんです。

 そう云った事もあって、僕の事をずーっと見ていてくれたんですね。ありがたい話です、本当に。

 40歳を超えての就職活動は大変なんだろうなぁと漠然とした不安は抱えていたので、有難くお話を受ける事にしたわけですね。まあ、もしそういった話がなくっても、またフリーランスに戻るだけだったとは思いますがね。

生まれて初めての正社員

僕は、いわゆる「正社員」という経験がありませんでした。アルバイト→個人外注→フリーランス→役員、でしたので。つまり、給与として月給をもらう事が初めてなんです。もうね、これが無茶苦茶嬉しい!

  •  有給休暇の取得も出来る!
  •  ボーナスも出る(かもしれない)!
  •  休日出社したら振替休日を取得出来る!
  •  会社都合でクビになったら翌月から失業保険がもらえる!
  •  その他色々、労働者を守る為の法律に守ってもらえるううう!!!

 なにこれ、最高じゃないですか。拾ってくれた社長に感謝しきれませんね。40歳を過ぎても初めて正社員になる事は可能だったって事です。

最後に

驚くほどBLとは無関係の話を書いてしまいました。いいんでしょうかね。時々はこういう事もヤりますが、懲りずにお付き合いくださいませ。では。■■

就職とは何か――〈まともな働き方〉の条件 (岩波新書)

就職とは何か――〈まともな働き方〉の条件 (岩波新書)

 
自分に適した仕事がないと思ったら読む本 落ちこぼれの就職・転職術

自分に適した仕事がないと思ったら読む本 落ちこぼれの就職・転職術

 
就活は3つの質問に答えるだけ。

就活は3つの質問に答えるだけ。

 
Boys Love Institute
written by つよ