読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Boys Love Institute

ノンケ男がBL世界や雑談をだらだら綴るブログ

「楽園祭2017トークショー沙村広明先生 中村明日美子先生」に参戦して来たよ!夢のような120分に感動しまくりで笑いまくりだった感想

f:id:BL-beginner:20170415183936j:image

人生とは曲解するなら「時間」です。人生をどう過ごすのかと云う課題は、等しく数多の人々に与えられた無理問答のようであり、それはつまり時間を何に対して消費するのかと云う話題。

 お前突然何を語り始めたんだ。

 まあまあ、聴いてやっておくんなさいな。

続きを読む

「70年なら一瞬の夢さ やりたくねえ事やってる暇はねえ」のだよ

四月です。世間にフレッシュが溢れかえっていますね。

 着慣れないスーツに着られている新人、化粧の仕方を勘違いしている新人、おっさんから見ると一発で判るフレッシュさで街は賑わっているかのようです。

 そんな微笑ましい春の風物詩を眺めながら、頭の中にはマーシーの声が響きます。

 新社会人になった若者達は、本当にその職業に就きたくて就職したのかなあ。

 好きで就いた仕事ならいいのになあ。と。

続きを読む

25年ぶりくらいでアニメイトのカードを持つに至ったワケは、モチロンBLが関係しています

アニメイト。なんなんでしょうか、この口に出すと甘酸っぱくもなんとなく気恥ずかしい気分になる単語は。今となっては、どうという事のないアニメ関連グッズのショップでしょ?くらいのテンションで捉えられていると思いますが、最初にアニメイトを発見した時の衝撃たるや、この世の中楽園を見つけてしまったのかと思った程でした。

 そもOVAそのものが登場した当時の話なので、超珍しいショップだったのは当たり前なのですけどね。初めて訪れたアニメイトで購入したのは、忘れもしない「メガゾーン23」のムック(まーまーエロい)と、幻夢戦記レダの缶ペンケースと、リン・ミンメイのステッカーでした。

 小学生にとって、たかがシールに400円と云う価格はとてつもない贅沢でしたが、大人の仲間入りをしたような気分にさえなる程、エキサイティングな経験でした。

続きを読む

NHK「浦沢直樹の漫勉」を観ていると、コダワリの変人達が愛おしくなって来る

我が家ではテレビを殆ど観ません。いくつかの番組はレギュラーで観続けているのですが、それも娘と一緒に楽しむ「アンパンマン」と「おかあさんといっしょ」、「ビジュチューン」だけです。

 たまに行きずりの番組を見る事もありますが、概ねEテレにお世話になっています。まー面白いんですよ、Eテレ。まず、予算が民放とは違うw。金かけりゃイイってもんじゃないんですが、クオリティのアベレージは確実に上がるんですよね。あとは全編に漂う「余裕」でしょうか。焦ってない感じがあるので、安心して観て居られるんですよね。まあ僕もおっさんになったワケです。

 で最近どハマりしているのが、「浦沢直樹の漫勉」と云う番組です。

続きを読む

新社会人に伝えたいのは「社会のルールは一番最初の先生から教わった事で充分足りる」って事

BLとは関係のないエントリです。そろそろ4月ですよね。フレッシュマンやフレッシュウーマンが巷に溢れかえる季節、何故か4月には溢れかえっていた通勤ラッシュの新人混雑がゴールデンウィークを跨いでシレっと消えている不思議の件は別の機会に語るとして(えっ)、この4月から新社会人になる若者諸君に、簡単なアドバイスをおっさんから投げつけようと思い立ったのです。

 そう云えば以前に似たようなエントリを書きました。

続きを読む

「マグニフィセント・セブン」を観たら『これBL目線が美味しいわ』と思った件

映画をよく劇場に観に行きます。1回/週くらいのペースで劇場映画を観る日がやってくるなんて、想像もしていませんでした。これは妻の協力あってこその成果なので日々感謝の念が絶えないワケです。そんなに観たい映画が次々と公開されているのか、とお思いかもしれませんが、コレが結構あるものでして、全然尽きる事がありません。

 そんな中、先日公開終了ギリギリで劇場に観に行ったのが本エントリで紹介する「マグニフィセント・セブン」です。

 トレーラーの時点でわかっておりましたが、この作品は「荒野の7人」のリメイク作品です。男臭い西部劇である事は伺い知れるワケですが、正直この作品はBLメガネで観ると超楽しい作品だったのです。あ、ネタバレしますからね。

続きを読む

「ダブルミンツ」実写映画化続報!ついに主演キャスト発表だぜ!

中村明日美子先生が大好きです。もうBLとか関係ない作品も含めて大好きなんです。映画「同級生」も一人で劇場に足を運びました。そして2017年は、また一人劇場に向かう作品が公開予定で嬉しい限りです。「ダブルミンツ」の主演キャストが発表されたので、書き残しておきますよ!

続きを読む

ドラマCD「テンカウント1」を聴いた感想は『原作通りジリジリさせやがる……』だった

産まれて初めて聴きました。何を?BLのドラマCDを!きゃー遂にー。

 ドラマCD自体は初めてではないんです。初めてではないどころか、オーディオドラマを実は超好きなんです。古くはラジオ図書館とかね(知ってる人だけあーハイハイ)。ドラマCDだと「ソフィーの世界」なんかは狂ったように聴きまくっていました。

続きを読む

席替えをしてデスクが広くなったわーいわーい!自分のデスクを晒してみる

本当にどうでもイイ事ですが、仕事場でデスクの場所が変わりました。これまで役員の席だった場所がとある理由で移動となり、空いた席に僕が移動となったのです。

これを機会に色々を整理しました。

続きを読む

新年のご挨拶を今更ながら

皆さま新年明けましておめでとうございます。本年も昨年同様に未熟な腐中年を生暖かい好奇の目で見てやってくださいませ。

 1月を半分くらい過ぎてからのご挨拶です。なんとも格好の付かない話ですが、本ブログの事は常に頭の端っこに有りました。しかし、好きな人や物が多過ぎて見放されてしまいそう(©️椎名林檎)な僕ですので、たまたま間が空いてしまったんです。

 12月の真ん中あたりからつい最近まで、映画だったりゲームだったり漫画だったり仕事だったりを、矢継ぎ早に消化しておりました。

 さて200文字程度の云い訳を書いたところで、今年の抱負などを宣ってみようかなと突然思い立ちました。

続きを読む

遂にGEOがゲームプラットフォーム運営に本気になった……のか!?

随分と久しぶりの更新になってしまいました。もう、月例のニュース拾い読みもすっ飛ばしまくりでコレじゃあいけませんね。忙殺と云う状態を心底嫌っている僕でも、年に何度かは忙に殺されたりします。

 さてそんな折、遂にGEOが女性向けゲームコンテンツ専門のプラットフォームを静かに立ち上げた事をお伝えしようと思います。

続きを読む

ハリウッド映画でジェンダー表現に関する飛躍的前進があった件

先日、スター・トレックの新作をIMAX3Dの劇場で観て来ました。内容に関する感想は思いっきりネタバレしながら書いているので宜しければ読んでやってください。映画の感想とは別に思った事もあったので書いておこうと思います。

asoblo.hatenablog.com

続きを読む

『「腐向け過ぎて萎える」とは何か』を読んで自分はBLに何を求めているのか考えた

物凄く価値のある文章に触れた気がしたので、備忘録的に書き残しておこうと思います。おっさんは健忘症が進行していても、その事に自分で気が付いていない可能性もありますのでね。

 件のエントリはコチラです。

 とても文章がまとめられていて読みやすいですね。こうやって、順序立てて考察を述べていただくと、僕などは何度も胸と膝をポン!と打たれてしまい、とても嬉しくなってしまいます。

続きを読む

【画像アリ】映画「無限の住人」の公式トレーラーが公開された……っ!?役者と原作キャラを比較してみる

当ブログでも過去にお伝えしたニュース、実写映画「無限の住人」の初報映像が遂に公開されました。来年4月に公開予定の本作品、僕としては色々の想いで待っているワケですが、とりま映像を観てみましょうよ。

続きを読む

2016年09月のBL界隈ニュース飛ばし読み10件

気が付けばもう年末がすぐそこです。ほんとに驚きますね。僕が今の職場に転職して2度目の年末を迎えるなんてね。年が明けて2月になればこのブログも丸2年、3年目に突入ですよ。あ、気がはやいですかそうですか。ではいつものように10月にBL界隈を流れ過ぎたニュースを拾ってみましょうかね。

続きを読む
Boys Love Institute
written by つよ