Boys Love Institute

ノンケ男がBL世界や雑談をだらだら綴るブログ

Comic

【男の趣味(好み)】について男の僕が語ってみるvol.03~漫画編~

意外に続いている本エントリ。書き始めてみると自分でも意外な好みが見えてきたりして楽しいんですよ。ブログを書くあなたなら、ヤってみてはいかがでしょうか。男性キャラに限らず、女性キャラ、ショタ、Sキャラ、Mキャラ、などなど、バリエーションはいく…

NHK「浦沢直樹の漫勉」を観ていると、コダワリの変人達が愛おしくなって来る

我が家ではテレビを殆ど観ません。いくつかの番組はレギュラーで観続けているのですが、それも娘と一緒に楽しむ「アンパンマン」と「おかあさんといっしょ」、「ビジュチューン」だけです。 たまに行きずりの番組を見る事もありますが、概ねEテレにお世話に…

「空と原」を読んだ感想は『オトナも幸せになって欲しいよね!』だった

何度も読んでるんですよね、この作品も。明日美子先生の作品はどれも何回も読んでいるのですけども、ちゃんと数えたワケではありませんがもしかしたら一番読んでいる作品はコレかも、しれません。原×佐条おしの僕としてはそらそうか、ってなもんです。ではネ…

漫画「テンカウント」5巻を読んだ感想は『もう描く事なくない?』だった

たまたま外出打合せの帰りに立ち寄った駅ナカの書店で、いつものようにBL新刊パトロールをしていました。フラリフラリと棚を目で追っていると、なんと「テンカウント」5巻がズラリと並んでいるではないですか。そう云えば、僕は新刊リリースのニュースをあま…

漫画「錆びた夜でも恋は囁く」を読んだ感想は『遂に流血系に到達したか』だった

どえええい!!!中村明日美子作品が続くんちゃうんかああいいい!!!と思ってくださった方、ありがとうございます。弱小底辺ブロガーの僕にはそんなお声がないので、ただ一人黙々と書くワケですが(ここ数カ月あんまり書いていませんでしたケド)、何度も…

漫画「あなたのためならどこまでも」を読んだ感想は『のんけであるが故の楽しみ方に気づいたかも』だった

中村明日美子すぇんせいの作品です。初版は2010年ですから、もう6年も前ですか。僕がBLなんて全く視界に捉えていなかった頃です。自分の視野の狭さに辟易する事この上なしって感じですが、最近は腐女子諸姉が安価でコンテンツを後続に回してくれるとても便利…

漫画「春風のエトランゼ」2巻を読んだ感想は『たべちゃうのかー』だった

発売日には購入していたものの、まとまった時間がなかなかとれず、細切れで読んでは戻り読んでは戻りしていました。お待ちかねの人気シリーズ新刊です。 と云っても賢明は読者諸姉はちゃんと連載を追いかけておられるんでしょうねー。僕は色々の都合で単行本…

漫画「魔性のトロイメライ」を読んだ感想は『顔面が上手だね!』だった

先日、家族で近所のBookOffに行ったんですね。僕はいつも、BLコーナー直行でして、その時たまたま1歳10ヵ月の娘が手にとったのが本作です。なんの意図もなく手が触れただけなんですが、娘が選んでくれたと云う脳内補完を経て、購入が確定したわけです。

漫画「フーゾク店で彼氏ができるか?」を読んだ感想は『快楽に流されやすい人間は可愛い』だった

所謂ジャケ買い、タイトル買いと云うやつです。主には音楽コンテンツにおいて僕はジャケ買い癖があります。それなりに長年音楽好きでい続けているものですから一切の情報無しに音源を購入するケースは随分と減ったのですが、時々気まぐれに手を出してしまう…

漫画「雪の下のクオリア」を読んだ感想は『リアリティラインのコントロールが巧いわー』だった

紀伊カンナ先生の新作です。エトランゼシリーズでカンナ先生が大好きになったので、もちろん別の作品も追いかけますよ。あそういえば、明日美子先生の作品で感想書いてないのむっさあることを思い出しました。いやいや、今回はカンナ先生です。さてさて。

漫画「王子と小鳥」を読んだ感想は『格差萌え、なのか?』だった

初めての作家さんです。と云うのも、とある取引先のメーカー役員様に「最近BL研究してるんですよねー」的なお話をしたところ、奥様がBL系薄い本を制作されているとのことで。つまり同好の士だったわけです。でおすすめの作品をうかがったらお返事いただいた…

「グランネリエ」2巻を読んだ感想は『ソッチ行きましたかー、ソッチいくのは期待とは違ったなー』だった

手元に届きました。グランネリエ2巻です。amazon購入して会社に届くようにしちゃいました。会社の昼休みに急いで読んだんですね。最速感想、とかやってみたかったんですが無理でしたw。

「卒業生 春」を読んだ感想は『毎回別れるんじゃないか!?とマジで焦る』だった

大好きな作家、中村明日美子先生の作品です。とおくに読了した作品ですが、すぐに感想を書いてしまうと、なんだか作品への愛情が薄れてしまうような気がして自分の内側にため込んでおりました。

「美しい野菜」を読んだ感想は『男は雌化した時が最も色っぽいのか?』だった

松本ミーコハウス先生の作品を初めて読みました。きかっけは、かの三田麻央パイセンのオススメ記事です。彼女のキュレーションを信じてみたくなったのです。その中でも未読であり表紙イラストの雰囲気に反応出来たのがこの作品でした。さて、中身はどうだっ…

「きゃっつ~四畳半ぶらぶら節~」を読んだ感想は『ノーガードでいいパンチもらっちまったぜ、感動っつー名のパンチをな……』だった

羽生山へび子先生の作品てぇと今作で2冊目でさぁ。「僕の先輩」はBL作品ではありますが、物語としてもギャグ漫画としてもクオリティの高けぇ作品でやした。絵も話運びも、物語の構成も、何故だかつい嫉妬しちまうほどにさり気なく巧みで、更にBL要素まで振り…

「抱かれたい男1位に脅されています」1~2巻を読んだ感想は『何を表現したいのかが良く分かる作品だな~』だった

久しぶりに桜日梯子先生の作品です。去年や一昨年のBL界隈漫画ランキングではお馴染みだった作品ですが、実はまだ手を付けていなかったのです。「年下彼氏~」は2巻とも読了済で感想も書かせていただきましたが、さて本作はどうだったのか。ネタバレ上等で書…

「あの日、制服で」を読んだ感想は『この絵で切ない系は本気でツラいわー、もっとヤッて!』だった

中村明日美子信者です。まだ1年生ですけどね。本当に大好きで、繰り返し繰り返し読み続けているBL漫画は、明日美子作品だけです。同級生だけでどんだけシャブるねん(///)、と云うくらいしょっちゅう読んでます。最近は主に会社で読んでいますね。

今さらながら2015年を振り返って商業BL漫画のベスト10を僕ランキングでおさらいしてみる

皆さま、新年あけましておめでとうございます。昨年中はこの稚拙なブログをご訪問いただきマコトにありがとうございました。超はげみになりました。どうか本年も何卒よろしくお願い申し上げます。 いよいよ2016年のスタートですね。僕はと云いますと、12月28…

「チョコスロトベリーバニラ」を読んだ感想は『男同士の恋愛は変幻自在だのう』だった

有名どころの作品らしいですね。このブログにおいては、腐女子パイセンである三田麻央さんのオススメ12冊の話題や、三田クソコラの話題、いやそれは関係ありませんでした、とにかく三田麻央きっかけでこの作品の存在を知りました。

「そんな目で見てくれ」を読んだ感想は『バカでい続ける事は最強の必要十分条件なのだ』だった

久しぶりに、BLギャグ漫画です。ブログ立ち上げ以来僕は、常にBL作品を読んでいるんですよ、地道に地味に。さてこの作品も、かなり評価されていたようですね。幾つかのメディアで表紙イラストをちょくちょく目にしていました。表紙の瞳が小さい吊り目の絵に…

「春風のエトランゼ」を読んだ感想は『カンナ先生の闘いはココからである』だった

紀伊カンナ先生のデビュー作品「海辺のエトランゼ」を、僕は絶賛しました。マイルドな味わいとサラリとした語り口が、非BLファンにも勧めやすい秀作であると。 事実、すっかり人気作品でして、物語の続きは「on BLUE」誌にて連載されています。つまり本作は…

「テンカウント」4巻を読んだ感想は『あ、なーる!』だった

待ちに待った新刊です。実は僕がBL作品を手に取ったのは今年2015年の2月が初めてでして、概ね1冊完結の作品を読む事が多かったんですね。続きもので云えば「純情ロマンチカ」1巻を読んだりもしたのですが既にその時点で18巻も発表されていましたから、追い付…

「海辺のエトランゼ」を読んだ感想は『紀伊カンナ先生の作品がマイルドBLとして非BLファンの友人にもオススメしやすい』だった

わたくし、先月転職をしまして新しい職場で働いています。会社を畳む事になったので、就活と云うやつをしたんですね。そこそこイイ歳ですけど就活。で正社員採用決定したわけです。 その新しい職場では、腐女子パイセン(先輩)が2名程いらっしゃいまして、…

NMB48三田麻央がBL作品をオススメしているって?12冊一挙紹介

Twitterなど一部のメディアで話題騒然となっていたNMB48三田麻央さんの事は、記憶に新しい出来事です。彼女がBLファンである事自体に何の問題もないわけですが、BL界隈、特に二次創作界隈でのタブーを、全国区のTV放送内で踏み越えてしまったと云う話題でし…

「卒業生 冬」を読んだ感想は『この恋愛だけはうまくいって欲しい、でも……』だった

大好きな作家、中村明日美子先生の作品です。とにかく好きなので、ゆっくりゆっくり、一コマずつ鑑賞するかのように読みました。もちろんテンポ感を感じる演出を殺してまで、牛歩読みを貫いたわけではありません。ソコは一気に走り抜けて、一段落ついたとこ…

24年組って知ってますか?竹宮恵子先生が大好きなので今更ながら語ってみるvol.01

遂にと云うかやっとと云うか、24年組について書く時がやって来ました。ご存知でしょうか、24年組と云う単語。少女漫画史を語る上で、いや漫画史そのものかな、外す事の出来ない創作集団の名称です。ムーブメントとも云えるかもしれません。古い話なので、今…

「桜花咎の契」を読んだ感想は『これは泣ける主従だねぇ』だった

表紙買いを、わたくしまたやってしまいました。絵が良さそうと云うのも気になった点ですが、時代モノであろう事を匂わせるタイトルと絵柄に視線がロックオンしたからです。 そう云えば、時代モノのBLは読んで居なかったな。さて、その中身はどうだったのか、…

【13巻発売記念】1巻を振り返って知らない人に色々伝えたい-後半-今更ながらオススメしたい漫画「ファイブスター物語」を語ってみるvol.5

ファイブスター物語エントリ5回目です。1巻を振り返る後半、早速本題に入ります。ガッツリネタバレしますが、未読の方も読んでください。僕の文章程度では、本来の面白さはまったく揺るぎませんので! 連載第1回で確認した事 1986年4月号のファイブスター物…

【13巻発売記念】1巻を振り返って知らない人に色々伝えたい-前半-今更ながらオススメしたい漫画「ファイブスター物語」を語ってみるvol.4

FSS第4回のエントリです。そして前後篇に渡るロングエントリです。今回はFSSを未読でこれから読む可能性がある方を対象としているのではなく、既にある程度本篇をご存知の方にこそ読んで頂きたいと思っています。 とは云え、出来ればFSSを未読の方にも本篇を…

「年下彼氏の恋愛管理癖」2巻を読んだ感想は『サービス精神大噴出祭りかこれは!?』だった

桜日先生の人気シリーズの第2巻です。 ブログでも、この作品の記事を訪れてくださる方が多いんですよ。BLに非ず、BLエロ漫画の本作、期待を裏切りませんね。流石の内容。 桜日先生の作品は目的意識が高いと云いましょうか、オブラートで包み隠す事を是としな…

「セブンデイズ」1~2巻を読んだ感想は『これから読むべきだったんじゃ……?』だった

宝井理人先生の作品は、これで3つ目です。なんだかんだ云って、すっかりお気に入りの作家さんですね。絵と話の作り方がきっと好みに合ったんでしょう。 しかし本作は、原作つきの作品ですから、ちょっと味わいが違っているかもしれません。 いつものようにネ…

FSS13巻発売決定記念!連載第一回を振り返ってみる!今更ながらオススメしたい漫画「ファイブスター物語」を語ってみるvol.3

待ち望まれていたかは自信ありませんが、ファイブスター物語についてまた語ってみたいと思います。ただ、本当のところ第3回は全巻のあらすじだとか、ゴティックメードの話を書いていたのです。実際、下書き状態で何度も加筆して削ってを繰り返していました。…

「妄想の指先はバラ色」を読んだ感想は『照れくさい恋愛は男に似合うんだなぁ』だった

妄想の指先はバラ色と云うタイトル。なかなか意味深で気に入りました。ジャケ買いならぬタイトル買いです。作者の山田2丁目というペンネームもほんわかしてていいですね。山田先生とお呼びすれば良いのか、2丁目先生とお呼びすれば良いのか悩んでしまいます…

「グランネリエ」を読んだ感想は『もしかしたらデビルマンになれる作品かも!?』だった

最近、アクセス解析ページで当ブログを訪れてくださる方々の検索ワードを見てみたトコロ、「グランネリエ 感想」と云う結果が多い事に気が付きました。 はて。なんじゃそりゃ?

「宇田川町で待っててよ。」を読んだ感想は『同性愛でも女性役の精神年齢はやはり高いのか』だった

2014年のBLコミックはなかなか豊作だったようですね。って話を2015年6月も終わろうかと云うタイミングで始める違和感をどうか許してください。 存在はうっすら認識していながら、何故か今迄確認すらしていなかったのが、「このBLがやばい! 2014年度版」です。

この設定どうよ、イケてるっしょ?今更ながらオススメしたい漫画「ファイブスター物語」を語ってみるvol.2

ファイブスター物語をオススメする無謀なエントリの第2回目です。第1回では、連載が開始されるまでの経緯を書きました。なんとも変則的な過程を経て、月刊ニュータイプ誌上に連載が開始されます。 まずはその物語の全容とキャラクタを紹介してみたいと思いま…

ところでFSSって腐女子の方々はスルーしてるの?今更ながらオススメしたい漫画「ファイブスター物語」を語ってみるvol.1

FSSってご存知ですか。今となってはすっかり有名な気もしますが、一応説明しておきますと、永野護原作の漫画作品「ファイブスター物語(The Five Star Stories)」の事です。 このFSS、知らない人に説明するのが物凄く大変な作品で、コレまでリアル生活にお…

「年下彼氏の恋愛管理癖」を読んだ感想は『作者はこの作品を使えと云っている!』だった

我が有能なる部下から借りた漫画を読んだので、感想をもって返しますよ。今回の作品も、人気があるらしいですね。いざ。

「どうしても触れたくない」を読んだ感想は『ツッコミ倒しても全然平気な骨太さだ!』だった

BLコミック、と云う言葉をこれ迄何気なく使って来ましたが、BLと云う単語の認識が少々雑だった事に今更ながら気がつきました。そう云えば聞いていたし読んでいたなーとアレコレを思い出します。つまり、BLとMLの件です。賢明なる読者諸氏は御存知の事と思い…

「高校男子」を読んだ感想は『時代のグラデーションを観た気がする』だった

BL漫画を漁る日々を過ごしている訳ですけども、割り合い最近の作品を多く取り上げて来ました。まあ2000年以降ですね。今回の作品は90年代、BLと云う単語が今程一般化する以前の「JUNE」時代に発表されたものです。ネタバレ上等で書きますのでご注意を。

「同級生」を読んだ感想は『純粋さが剥きだしで描かれている』だった

このところBL作品のみ描いている作家さんを追いかけていましたが、今回はBL以外の作品も多く発表されている作家さんです。中村明日美子先生です。 ネタバレOKの方のみ、以下拙文をお楽しみくださいませ。

「僕の先輩」を読んだ感想は『先生!ガンズのファンです!?』だった

BL漫画を探していると「えっ?これもそうなの?マジでBL?」と聞き直してしまうような作品に出会う事があります。今回ご紹介するのが正にそのケースでしてストーリーギャグと云うやつですね。さ、ネタバレありでレビューしますよっと。

「鮫島くんと笹原くん」を読んだ感想は『微笑ましく生々しい恋愛だなあ』だった

BL漫画を読むようになってから、本屋でもそう云うコーナーに足を運ぶようになりました。以前はまるで素通りしていた場所なのでとても新鮮な感覚です。タイトルにも色々の傾向があったりしてオモシロイですね。今回紹介する作品などはなんともBLぽくないタイ…

「不器用だけど大好きさ」を読んだ感想は『安定のテンプレートですな』だった

最近発売されたらしい漫画作品を読みました。山田パピコさんと云うペンネームがなんとも可愛らしいですね。表紙から察するに高校生の恋愛ものが中心なのかなーと思いながら扉をめくりました。ネタバレOKの方だけ続きをお読みくださいませ。

「純情ロマンチカ」1巻を読んだ感想は『ブレない説得力が凄い』だった

BL漫画を読んでいます。これまで全然目を向けてこなかった事もあって、BL漫画の世界における人気不人気などの情報はまったく理解していませんでした。今回紹介する漫画作品も初めてその存在を知りましたが、物凄く人気のあるタイトルらしいですね。 過去に2…

「年下男子と平凡教師」を読んだ感想は『これがホモの惑星ってやつかあ』だった

なんだか久しぶりに漫画の感想を書きます。BL教習所と銘打ったものの、実はまだ全然BL作品の紹介や感想を書けてないんですよね、えへへ。 最近BL漫画をまた何冊か読んだのです。まだまだ新参者ですからお勉強お勉強!つーわけで今回紹介する作品はコチラです…

BLはどこにでも存在している、そうあなたのアメコミにもね

テンカウントが思った以上に楽しめてしまったものですから、その他の新しい作品にあまり手を出せていない昨今、皆様いかがBLをお楽しみでしょうか。さてちょっと体調を崩してしまった事もあってあまり活動的な肉体条件ではないのですが、限られた時間ながら…

「眠れる森の美男」を読んだ事がきっかけだったのかもしれない

とても懐かしい作品を紹介してしまいます。 THE B.B.B.(1) (フラワーコミックス) 作者: 秋里和国 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2013/06/17 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 内容紹介須王友美は英徳大学アメフト部のチアガール。ディス…

「テンカウント」3巻を読んだ感想は『作者は読者をM調教しようとしている!』だった

テンカウント3巻です。現在発売されている最新巻ですから、しばらく続きが気になって悶絶する事になりますね。僕はそう云う状況が嫌いなので、完結していない物語は出来るだけ手を出さないようにする派です。 ガラスの仮面もワンピースも1ページだって読んだ…

「テンカウント」2巻を読んだ感想は『ついにBLの核心に触れた気がする』だった

読みましたよ、「テンカウント」2巻。1巻は既に読んでおり感想を書いていました。とても読みやすかったな。 で、気になる続刊を購入したので2~3巻を一気に読みました。今回は2巻の感想文です。端的に云いますと商業誌においてやっとBLの本質に触れたような…

Boys Love Institute
written by つよ