Boys Love Institute

ノンケ男がBL世界や雑談をだらだら綴るブログ

この曲、BLを唄っていると思って聴け!大好きな曲を勝手妄想してみた

f:id:BL-beginner:20150929131724j:plain

みなさん、音楽好きですか。音楽聴いていますか。僕は大好きで毎日聴いています。唄が聴きたい時と云うのは、何か人の声が欲しい時でして、その時々によって聴きたい詩の内容が違ったりします。

 恋愛の詩を聴きたい時があったり、殺伐とした詩を聴きたい時があったり。

 今回は勝手に「これBLの事を唄っているじゃん」と妄想したら意外とイケた、ってやつを紹介してみようと思います。その曲の印象的な詩も合わせて。

 勝手妄想は得意技なので、書ける気がしますよ!ではいざ。

Just Take My Heart / Mr.Big

Just take my heart when you go
I don't have the need for it anymore
I'll always love you, but you're hard to hold
Just take my heart when you go

 もうね。メロが切な過ぎます。Mr.BIGと云えばTo Be With Youが有名ですけども、コチラのほうが断然素晴らしい曲だと思います。男同士の恋愛の最後なんでしょう。

 「出ていくんなら僕のハートも一緒に持っていってくれよ」

 あー切ねー。

More Than Words / EXTREAM

More than words is all you have to do to make it real
Then you wouldn't have to say that you love me
'Cause I'd already know

 日本でもヒットしたこの曲。単純な好き好きラブソングじゃないところが好きなんですよね。PVも演奏してるのは男二人だけってのと、ギタリストのヌーノがマニキュアを塗っているのが、妄想においしいですな。

 「真実を伝えられるのは言葉以上の何かなんだ。おまえが俺の事を愛してるって事は云わなくたって判ってるんだよ。」

 ちょっ!ラッブーい!

Too Much Love Will Kill You / QUEEN

Too much love will kill you
If you can't make up your mind
Torn between the lover
And the love you leave behind
You're headed for disaster
'cos you never read the signs
Too much love will kill you
Every time

 云い回しがとても詩的で素敵です。これは、異性愛同性愛を問わず同じ事なんでしょうね。

 「誰かを強く愛し過ぎてはいけないよ。君が傷つく事になるのだから。」

 それでも誰かを愛してしまう。フレディの歌声が胸に刺さります。フレディの事は本当に大好きで色々の人に彼の音を勧めています。よろしければこんな記事もドウゾ。

Cryin’ / AEROSMITH

I was cryin' when I met you
Now I'm tryin' to forget you
Your love is sweet misery
I was cryin' just to get you
Now I'm dyin' 'cause I let you
Do what you do down on me

 PVは思いっきり男女なので曲だけ聞いて妄想してくださいね。切ない別れの歌ですが、盛り上がる曲展開が胸熱です。

 「出逢った時は泣いてさえいたのに、今はおまえを忘れようとしてるんだ。お前の愛は甘い苦しみだ。ただただお前を手に入れたくて泣いてたのに、今はおまえを手離し消えてしまいそうだ。ちゃんと俺を責めてくれ。」

 ちょっと!もう!泣きそうになるやん!?

Bed Of Roses / BON JOVI

I want to lay you down in a bed of roses
For tonite I sleep on a bed of nails
I want to be just as close
as the Holy Ghost is
And lay you down on a bed of roses

 しっとり甘いラブソングです。ストレートな表現ですが、シンプルな感情が伝わってくる名曲ですね。

 「僕が苦痛のベッドで寝ている夜もお前はバラのベッドに寝かせてあげたいんだ。」

 まわりから賛成されない恋愛なんでしょうね。くうう。

Two Steps Behind / DEF LEPPARD

(Whatever you do)
I'll be two steps behind you
(Wherever you go)
and I'll be there to remind you
that it only takes a minute of your precious time
to turn around and I'll be two steps behind.

 「君の2歩後ろ。時々振り返ってくれれば、僕はいつもそこにいるよ。」

 なんて奥ゆかしいんでしょう。控えめな愛情のBLでどうでしょうか。恋愛と云うより友愛に近い感じがします。

Please Don't Leave Me / PRETY MAIDS

Lost lovers of summer
as you go your separate way
remember memories you owe
won't bring back tbose special days

 もう悲しい悲しい別れの歌です。過去を想い出して自嘲している男の唄。去年の夏は二人で楽しい毎日を過ごしていたんでしょう、彼等は。

 ベッタベタの未練ありまくり。

 サビメロが印象的で耳に残ります。全く隠す気がない、全っ力のめそめそ感が良いですな。

Is This Love / WHITESNAKE

Is this love that I'm feeling?
Is this the love that I've been searching for?
Is this love or am I dreaming?
This must be love
'Cause it's really got a hold on me
A hold on me

 大人のムードで同棲愛を歌うとこうなりました的な妄想です。デヴィッド・カバーデールみたいなエロそうな男はBLネタに向いてるなーと。 こんなエロいおっさんに云われるワケです。

 「これは愛なのか?」

 しつっこいくらい何回も何回も連発してくれます。よっぽど疑わしいんでしょうか。いや、同性を愛してしまった事に驚いているんですね、そうですね、はいわかりました。

スナイパー / 天野月子

閉ざされたふたりのシェルター 腫れ上がるふたつの傷跡
焦げる想いも衝動も地下に埋める
パスワードも ダイヤルキーも 本当は知っているはずなのに
言葉に出来ない 忍び寄る不透明な罠

 最後は天野月子さんの曲です。女の子の歌ですけども、コレを「男の子の事を男の子が歌っている」としたら?むっさ可愛いやんけ、的な。

 「腫れ上がるふたつの傷跡」……。

 いやいやいや、ソレは違うでしょー、ソレは安易でしょうーーー。ふう。

最後に

どうですか、妄想出来ますか。僕は書きながらずいぶん楽しんでしまいましたよ。妄想のネタとして今後も使えるなーと思いました。また違うネタで勝手妄想して記事を書きたいなと思います。■■

関連記事
Lean Into It

Lean Into It

 
Pornograffitti

Pornograffitti

 
メイド・イン・ヘヴン(リミテッド・エディション)

メイド・イン・ヘヴン(リミテッド・エディション)

 
ゲット・ア・グリップ

ゲット・ア・グリップ

 
キープ・ザ・フェイス

キープ・ザ・フェイス

 
Two Steps Behind

Two Steps Behind

 
SIN‐DECADE

SIN‐DECADE

 
Whitesnake

Whitesnake

 
Sharon Stones

Sharon Stones

 
Boys Love Institute
written by つよ